避難訓練を行いました。

避難訓練を行いました。

日中想定の避難訓練を行いました。

消防、警察、警備会社と連携し、日中にリネン室より出火したという想定で訓練を行いました。

火災警報ベルを押した後、消防訓練経験のない職員が、操作盤を確認し、他職員を指揮しました。

火災場所が確認されたらすぐに館内に火災発生の放送を行います。

同時に消防署にも連絡します。この電話が一番緊張します。

館内放送を終えた後、職員は利用者様の避難誘導に向かいます。

*リュックの中には常時準備している緊急避難セットが入っています。

排煙装置前を通った職員は必ず開けていきます。

全てのフロア、居室などを確認をして、逃げ遅れがないか確認します。

以上の様に、二郎苑では年に二回、日中と夜間を想定し避難訓練を行っています。

今回の訓練で学んだことを活かして万一の時は安全確保ができるように努めて参ります。

また、避難訓練終了後、自家発電機の使い方を復習し、緊急事態に対応できるよう、動作確認を行いました。